【新潟県内初!】第14回キッズデザイン賞でまごころ学園が内閣総理大臣賞を受賞

 

 

【新潟県内初!】第14回キッズデザイン賞でまごころ学園が内閣総理大臣賞を受賞

 子どもやこどもの産み育てに配慮したすべての製品・サービス・空間・活動・研究を対象に、全国の企業、自治体、教育機関、NPOなどから寄せられた応募作品の中から優秀な作品を表彰する「キッズデザイン賞」。   第14回となる今回は、全国から390点の応募が寄せられ、237点が受賞しました。9月30日に行われた表彰式において、受賞作の中で最も優れた作品に贈られる「内閣総理大臣賞」に、福祉型障害児入所施設「まごころ学園」が選ばれました。同賞を県内の団体が受賞するのは、新潟県初の快挙です。

 

  

 

〇福祉型障害児入所施設「まごころ学園」について                               まごころ学園は、見附市、長岡市、三条市、加茂市、田上町で構成する「新潟県中越福祉事務組合(管理者 見附市長 久住時男)が運営。2018年、老朽化していた施設の生活環境を向上させるため、フィンランドの児童文学「ムーミン」に登場するムーミン谷をイメージした新施設を建設しました。全国初となる全面木質の新施設では、重層的な発達支援の療育のスペースとともに、これまで4人部屋だった部屋を個室にし、一人当たりの面積を拡大。生活する子どもたちや利用者に寄り添った、優しい施設となっています。

〇主な受賞理由                                           ・福祉型施設の課題点を精緻に分析し、空間デザインとして非常にうまくまとめている。          ・個室が完備され、居住環境もよく、カラーリングやサイン計画も秀逸。                 ※詳細な受賞理由についてはこちら

〇キッズデザイン賞について こちら

まごころ学園建築受賞歴

〇 2019 第29回AACA(日本建築美術工芸協会賞) -最高賞                         〇 2019 ウッドデザイン賞2019                                  〇 2020 日本建築学会北陸支部北陸建築文化賞2019                         〇 2020 平成31年度 第28回建築作品・新潟県賞 最優秀賞                     〇 2019年度(第15回) こども環境学会デザイン賞                           〇 第14回キッズデザイン賞 最優秀賞「内閣総理大臣賞」                         〇 2020年度グッドデザイン賞