施設概要

まごころ学園(入所 定員:30名)
知的障害のある児童の方の生活を支援し、独立自活に必要な知識、技能を養うことを目的とした福祉型障がい児入所施設です。

まごころ寮(入所 定員:40名)
知的障害のある18歳以上の方を対象として地域で生活していくために必要な支援を行うことを目的とした障がい者支援施設です。

短期入所事業(定員:学園1名、寮3名)
日中一時支援事業(定員:学園3名、寮4名)
ご家族の所用や休養、また日中活動の場などにお気軽にご利用ください。また、障害児の放課後支援(定員:6名)も実施しています。
ご利用に際しては、各市町村の支給決定が必要です。

共同生活介護等事業所 『にぎわいホーム わくわく』(定員:6名)
知的障がいをもつ18歳以上で障害程度区分1~3の男女が生活しています。1人でできない部分を世話人や生活支援員が助けながら、地域で生活を支えています。また、地域の一員として本町商店街のアーケードの清掃や花植えを一緒に行っていきます。

共同生活介護等事業所『きらきらホームここあ』

構成団体

新潟県中越福祉事務組合
三条市、見附市、加茂市、長岡市、田上町の四市一町で組織した地方自治法による一部事務組合です。

沿革
昭和37年8月28日 新潟県中越精神薄弱児施設組合の設立。
昭和38年4月1日 まごころ学園開所。定員50名。
昭和48年6月25日 プール工事竣工。
昭和54年4月1日 見附市立まごころ養護学校が隣接して開校。
昭和57年11月1日 まごころ寮の設置に伴い、名称を新潟県中越福祉事務組合に変更。
昭和58年4月1日 まごころ寮開所。定員40名。まごころ学園の定員を50名から30名に変更。
昭和58年11月22日 体育館竣工。
昭和60年7月22日 作業棟竣工。
平成11年4月1日 用語改正に伴い知的障害児施設まごころ学園、知的障害者更生施設まごころ寮となる。
平成15年2月14日 まごころ学園、まごころ寮それぞれ居宅支援事業の指定児童短期入所事業、指定知的障害者短期入所事業の事業者認定の指定許可を受ける。
平成18年10月1日 障害者自立支援法にもとづく指定短期入所事業及び日中一時支援事業開始。
平成21年7月1日

相談支援事業所すきっぷ開設。

平成23年10月1日 まごころ寮が障害者自立支援法に基づく指定障害者支援施設となる。

平成24年6月1日

共同生活介護等事業所にぎわいホームわくわく開設。
 敷地・建物
敷地面積 20,0032㎡      
建物 まごころ学園 322.60㎡ 体育館 487.50㎡
  まごころ寮 484.00㎡ 作業棟 246.84㎡
  共用棟 1,097.97㎡ 渡り廊下 77.04㎡
  スプリンクラー用機械室 14.31㎡ 陶芸小屋 19.87㎡
  車庫 (1台用) 16.38㎡ 物置小屋 9.92㎡
  車庫 (4台用) 63.27㎡ 合計 2,839.70㎡

障害者地域生活支援センター  まちなかまごころ  505.90㎡