卒業おめでとう … 私からの贈る言葉です

 

今日、見附市立見附養護学校で卒業式が行われ、出席をしてきました。卒業証書の授与式では、小学部と中学部で卒業を迎える9名の卒業生が、小山校長先生から手渡される卒業証書をしっかりと受け取り笑顔で応えていました。
また、今般の東北関東大震災による原発事故により被災地から400名ほどの家族が見附市に避難され、その家族の子どもたちの受け入れのために大変に忙しい最中に、ご出席された神林教育長さんからこころ温まるお祝いの言葉をいただきました。
最後に、在校生ひとりひとりが9名の卒業生に一生懸命にお祝いの言葉を送りました。そのひとつひとつのお祝いの言葉に、卒業生が、いいままで頑張ってきたこと、できるようになったこと、今までの楽しかった思い出やこれからの抱負を語ってくれました。
大変こころ温まる、喜びに満ちた卒業式でした。まごころ学園に籍を置く卒業生も在校生も、とてもしっかりと頑張りました。
卒業を迎えた9名の皆さんへ、私からの贈る言葉です。
 
✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤
 
見附市立見附養護学校の小学部と中学部の卒業を迎える9名の皆さん、ご卒業おめでとうございます。ご家族の皆様にも心からお祝いを申し上げます。
 
✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤
 
皆さんの活動をいつも学校だよりで拝見させていただいております。10月には、『きらっとONステージ』を見せていただきました。小学部の皆さんの打楽器演奏では、リズミカルな演奏を楽しませてもらいました。中学部の「行ってきました。修学旅行IN東京!」では、外山さんのガイドで、皆さんがそれぞれのキャラクターに扮して、ジブリ美術館や東京ディズニーランド、そして上野動物園と、案内をしていただいて、見ているだけで、一緒に旅行をしている気分になりました。
また、先日、「PTAだより」に特集されていた、卒業を迎えるお子さんに寄せられた、ご家族の温かなメッセージを読ませていただきました。
皆さんが過ごされた6年、あるいは、3年間、ご家族の温かな愛情に見守られ、先生方やたくさんの地域の方に支えられ、体も心も、ひとまわりもふたまわりも大きくなりましたね。
楽しかったこと、頑張ったこと、ちょっぴり辛かったこと、たくさんの思い出があることと思います。
そして、今日、たくさんの方たちに囲まれて「おめでとう」と「ありがとう」の言葉をお互いにかけ合えることを とてもうれしく思います。
 
✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤
 
東北地方で、二週間前に大きな地震と津波が起きて、たくさんの街を粉々に壊してしまいました。たくさんの人たちの尊いいのちが一瞬にして失われました。
もしかすると、今日、皆さんと同じように笑顔で「おめでとう」「ありがとう」という言葉が行き来していたかもしれません。でも、その場所にいるはずの卒業生や家族の方がいない卒業式を迎えていると聞き、とても心を痛めています。
皆さんが、笑顔で「おめでとう」「ありがとう」の言葉の輪に囲まれて、卒業式を迎えることができたことは、皆さんの頑張りと、先生方やご家族や地域の人たちのたくさんの支えがあったからこそと思います。
アイヌ語で、「ありがとう」を意味する「イヤイライケ」という言葉があります。アイヌの人たちは、春が来た時も、自然の恵みを収穫する時も、苦労をかけた人にも、手で相手の心を自分の中に取り込むような仕草をして「イヤイライケ」と言います。
アイヌの人たちは、厳しい自然の中で生活していましたから、自然も含めて、いろいろなものと繋がって生かされていることに感謝して「イヤイライケ」と言います。
皆さんも、たくさんの人たちのつながりや支えの中で成長しました。そして、これからも、たくさんの人たちのつながりの輪の中で未来に向かって歩んでいくことと思います。
 
✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤
 
今、「共生社会」という言葉をよく耳にします。「共に生きる社会」、頭の中では分かっていても、どんなことなんだろうと少し首を傾げてしまいます。
「共生」の原点は、相手の心にそっと触れることから始まります。相手の心にそっと触れることで、お互いの心が開き、心と心がつながってきます。その時の接着剤が、今日、たくさんの人に言われた「おめでとう」だったり、それに対しての「ありがとう」だったり、あるいは、毎日の「こんにちは」や友だちを勇気づける「だいじょうぶ」の言葉です。
ですから、皆さんにも同じように、こころと言葉を伝えて欲しいと思います。こころと言葉を伝えるのは、声だけではありません。手の動きも、目の動きも、そして笑顔も、あらゆる仕草で伝えて欲しいと思います。
 
✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤
✤✤✤✤✤✤✤
 
新しいスタートラインに立った皆さんへ、これからも、たくさんの笑顔が、つながり重なり合うことを願い、お祝いの言葉とします。
本日はおめでとうございました。
 

  平成23年3月24日 園 長  金 安 良 則

2011.03.24