新年のごあいさつ

 

新年明けましておめでとうございます
 
皆様におかれましては、お健やかに新しい年をお迎えになられた事と存じお慶び申し上げます。
 旧年中は、「まごころ学園」「まごころ寮」並びに「相談支援事業所 すきっぷ」の運営に格別のご理解とご協力をいただきましたこと厚くお礼申しあげます。
 今年も利用される皆さんにたくさんの笑顔が見られる一年であるよう、また、より一層、地域の障がい児・者の方たちの命と暮らしを支える施設となるように職員一同力をひとつにして努力してまいりたいと思います。
今後も皆様からのご指導とご鞭撻をよろしくお願い申し上げるとともに、皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げ、新年のごあいさつといたします。
 
  ✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤
 
昨年の秋口から「施設長だより」が中断してしまいました。新米園長には、不慣れな事務局長の仕事も重なり、ちょっと担ぎ荷が重たすぎて、荷物を秋口に置いてきました。お詫びいたします。
 その間にも、職員一人ひとりが、自分の役割をきっちりこなし、頼もしい限りでした。
 9月19日には、「相談支援事業所 すきっぷ」の主催で、『支えあい、共に暮らす ~障がいがあっても地域で暮らしたい。地域とのつながり、支えあいとは~ 』と題して、グループホームやケアホームの運営のさきがけとして、新潟市内で障がいを持つ方たちの地域生活を支えられている「ワークセンター日和山」の大橋道子施設長を講師としてお迎えして、講演会を開催しました。
大橋施設長の気取らない語り口で、普段着のグループホームやケアホームの暮らしぶりを紹介され、ご参加いただいた方々も熱心に耳を傾けていられました。
なによりも私自身が大きな刺激を受けました。講演が終わり、帰りの列車が来るまでの少しの時間でしたが、講演会の感想などをお話しさせていただきました。
帰り際、「もうしっかりと準備ができていますよ。後は、一歩踏み出すだけです。」とにこやかに話されました。なにか、背中をポンッと押されたような気持ちがしました。
講演会を企画担当した、速水相談員、山崎相談員ご苦労さまでした。
 
  ✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤
 
10月3日には、街の中心地にある「まちなかまごころ」での地域の方々への感謝と地域で暮らす障がいを持つ方たちや家族の方たちの参加型のイベント『よっていがんかねー』を開催しまして。「よっていがんかねー」とは、地域の方言で、「どうぞ寄っていってください。」という意味で、たくさんの方からご来場いただきました。チョコバナナ作りや入浴剤作り、フラワーアレンジメントにキーホルダー作り等など、とても楽しんでもらったようです。また、まごころヘルプの方たちも応援していただき、おいしい新米のおにぎりと豚汁も好評で、狭い会場が一層狭く感じられた一日でした。
 
✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤
 
11月7日には、この季節にしては珍しく気持ちの良い晴天の中で、『福祉フェア みにこいてー2010』をまごころ学園・寮の体育館で開催しました。
行事名の「みにこいてー」の由来も、地域の方言で「どうぞ見に来てください。」という意味で、利用者の方たちが、1年を通じて制作した作品の展示即売会を見に来てください、との思いから開催されていました。
しかし、利用者作品の作製が年々難しくなり、数も種類も少なくなり、そろそろ展示即売会は見直しをしないといけない、と計画の段階から声が上がっていました。
ですから、当初提案された企画書は、どう見ても後ろ向きの見直しまでの繋ぎ的な企画の提案でした。でも、せっかく開催するなら「やってよかったね。」といえる、達成感のある行事企画が必要ではないかと、もう一度内容を見直すように企画担当者に話しました。開催予定日まで1カ月程です。
日程の制限があるので、是非、担当者で「ねらい」を鮮明にして、他は全て任すので、当日開催できるまでの企画書を示して欲しいと告げました。
 
✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤
 
開催2週間前、新しい企画書が示されました。地域にある障害福祉サービス事業所の「工房こしじ」さん、「見附ワークス」さん、地域のボランティアの方々、障害者施設の作品を委託販売する「福祉の店 パレット」さん、見附養護学校保護者会さん、障がい者の方たちのお菓子工房「ぽっぽ・どりいむ」さん、障がい者の活動の場にと物品を販売する「ビオ」さん、地域の道の駅「悠遊」さん、他たくさんの協賛名が記載されていました。まごころ学園・寮のだけの即売会ではなく、地域の障害福祉に関わる方たちがスクラムを組んで
福祉フェアを開催したいとのことでした。
会場も例年より広げ、来場されるお客様にもゆったりと楽しんでいただけるように、会場の工夫もされ、メイン会場ではプロのマジッシャンによるマジックショーが開催されるとのこと。
「未来のために、みんなの笑顔のために」地域の障害福祉に関わる方たちや地域の方たちがひとつになって福祉フェアを開催する。3段跳びほどの変わりようでした。企画の説明終えて、井口実行委員長の一言です。「こんな企画をしてみたかった…。」
当日も、たくさんのお客様からお出でいただき、楽しい福祉フェアが開催できました。協賛いただいた方たちからも、様々な面でご負担もあったのかもしれませんが、「また来年もよろしくお願いします。」の言葉を聞き少しホッとしました。
なにより、障がいを持つ方たちが、それぞれのブースで、懸命に声を出して商品を販売している生き生きとした姿が今も目に浮かびます。
短い期間で良い企画を提案してくれた井口実行委員長、岡副実行委員長、企画担当の職員の皆さん、そして、大変ではあったけど頑張っていただいた職員の皆さん御苦労さまでした。
 
✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤✤
 
職員一人ひとりがたくさんのアイディアを持っているのに、少し出し惜しみしているように思えてならない、早くそのことに気づいて、一人ひとりの「こんなことやってみたい」の気持ちが積み上がれば、もっと利用者の方にも、地域の方たちからも親しまれる施設になれるように思えてなりません。
もしかしたら、頑張りが報われなかったかもしれませんし、成功にはいたらないかもしれません、そうであったとしても、一人ひとりの思いをかたちに変えて挑戦することが大切なように思います。
まずは、私を含めて、「あれが駄目だ、これが駄目だ」と傍観者として批判するのではなく、「こうやったらもっといい」と推進者になって思いを語りたい、今年はそんな1年にしたいと思います。
 
   平成23年1月1日  園 長  金 安 良 則
 
 
2011.01.07